手相は日々変化している

手相は日々変化をしていると言われても、実感がないという人が多いでしょう。なぜなら昨日見た手のひらと、今日見た手のひらとでは全く違いがないからです。しかし顔だって日々変化していますよね。今の顔と5年前との顔を写真で比べてみると、変化に差はあれ、誰でも変化自体はしています。

ですから、手相占いをしてもらい、あまりいい事を言われなかったとしましょう。それで自分の将来を悲観してはいけません。それは現時点から見た場合の将来です。

もしあなたが手相占いの結果を聞いて、自分の夢が実現しないと知った時に、そこで諦めてしまったら占いの結果通り実現しないまま終わるでしょう。しかし夢は絶対に諦める事なんて出来ないと、今まで以上に夢に向かって努力をしたらどうでしょうか?努力は報われて、あなたは夢を叶える事が出来るかもしれません。そして夢を叶えた時に、ぜひ自分の手相を見てみて下さい。

夢が叶わないと言われた時と、手相は大きく変化しているはずです。顔は写真にとる機会は多いですが、手のひらだけのアップの写真を撮る機会なんてそう多くはありません。ですが1年に1度、誕生日には手相を撮ろうと決めて、毎年撮っていたらどうでしょうか?

手相は年々変化し、その手相に合わせて、あなたの運勢も変わっている事に気づくはずです。ですから手相占いは人生で1度占ってもらえばいいという類の占いではありません。答え合わせをするように、定期的に占ってもらっておけば、より自分の将来を正確に知る事が出来るようになるでしょう。

未来は固定されたものではありません。未来は努力次第で変える事が出来る事を手相は証明してくれるのです。

手相は遺伝しない

親子はここまで似るんだ?と感心するぐらい、一目で親子だと分かるそっくりな親子っていますよね。もちろん母親と父親の遺伝子を持って子供は生まれてくるわけですから、親に似ているのは当たり前の事です。親子で耳の形がそっくりだったりと細かいパーツまで似る事もよくありますが、では手相も遺伝するのでしょうか?

手相に関しては遺伝しません。そもそも手相とは、1人1人異なるもので、また個人であっても生まれてから死ぬまでずっと同じ手相というわけではないのです。手相も指紋のように、ずっと変わらないものと勘違いしている人も少なくありません。確かに、自分の手を毎日見ていても、手相が変わっている事に気づかないほど、年月をかけてゆっくりとした変化です。

もしあなたが仕事で独立をしたいため手相で仕事運を見てもらったとしましょう。残念ながら今が独立のタイミングではないと言われ、アドバイスをもらいました。アドバイスに従って努力を続けた結果、独立をするだけの実力が伴ってきた。

そして手相をもう一度見てもらうと、手相の仕事運に何か変化が現れているかもしれません。手相が変わるとは、言ってみれば未来は自分の努力次第でいくらでも変えられるという意味でもあります。未来が固定されていたら、そして未来に占いで悪い結果しか出なければ、将来を悲観してしまいがちです。

ですが電話占いウィルはどんな占い師がいるの?悪い未来だって変える事が出来るのなら、努力をして変えてみせると頑張れるでしょう。もし手相がそっくりは親子がいたら、それって遺伝?と思うかもしれません。しかしそれは、親子で性格が似ている、そして運勢が似ているために、偶然よく似た手相になったと考えるべきです。